ホーキング博士が死の直前に遺した「最期の論文」にはパラレルワールドの見つけ方が書かれていた

f88c7a5f-s-7da7de6f5410253a148e4db8eeb0a391f4cf6108
Bruce Rolff/shutterstock

1: 【東電 54.9 %】 (帝国中央都市) [US] 2018/03/20(火) 03:21:40.61 ID:5YfDOg180 BE:416336462-PLT(12000)

先週死去した英国の物理学者、スティーヴン・ホーキング博士の最後の論文は、平行宇宙とその存在の痕跡を人類がどのように発見できるかをテーマにしていたと、テレグラフ紙が伝えている。
ホーキング博士は自身の最後の論文で、「多元宇宙論」、つまり我々の宇宙と我々の世界に似た仮説上の多くの平行世界が、我々の宇宙のいわゆる「宇宙マイクロ波背景放射」、
つまり「ビッグバンのこだま」に特別な痕跡を残すはずだとの極めて興味深い考えを述べている。

(以下略)

続きはURL先で。

https://jp.sputniknews.com/science/201803204688332/


https://www.telegraph.co.uk/science/2018/03/18/stephen-hawking-leaves-behind-breathtaking-final-multiverse/

異世界というか平行世界からきたけど話をしよう
http://world-fusigi.net/archives/8932568.html

引用元: ホーキング博士、死去直前に平行宇宙の痕跡の発見方法の論文を完成。異世界転生が捗るな。

引用元: 【宇宙物理】死去直前に完成のホーキング博士の論文、他の世界の痕跡の発見法を語る

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る