これが80万年前の南極の氷の音なのか!?氷河に開けた穴に氷を落としてみたところ、想定外の音が返ってきた

e62dcbae-1ae0b73964f7893ca86ba66161dd35e5c8bb3c77

 南極の氷を掘削し、約80万年前の深層の氷を調査することで地球温暖化の影響を研究しているアメリカ・ニューヨーク州のロチェスター大学の研究者チームは、面白い発見をした。

 そこに穴があったら入りたくなったり、何か落としたくなったりしてしまうのが人間の本能だ。だもんだから、彼らは休憩中、氷河に開けた深さ90mの穴に、氷の破片を落としてみた。

 するとどうだろう。最深部から聞こえてきた音は、アメリカ人なら特によく聞くあの音そっくりだったではないか。これは楽しくて何度も氷落としまくったことだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る