月の誕生に関する新たな説が。気化した岩石の雲の環「シネスティア(synestia)」から出現したとする説(米研究)

a36abc61-16e6f5dce5ff9c36952cff496254b68c9548147d

 月の誕生に関する最も有力な説と言えば「ジャイアント・インパクト説」がある。

 これは巨大衝突説とも呼ばれ、数十億年前に原始地球と火星サイズの大きさの天体が衝突したことにより月が形成されたという説だ。

 だが新たに判明した事実がこの学説に疑問を投げかけている。

ジャイアント・インパクト説の矛盾

 米カリフォルニア大学デービス校のサラ・スチュワート(Sarah Stewart)博士とハーバード大学のサイモン・ロック(Simon Lock)氏が『Journal of Geophysical Research』に掲載した研究は、月の形成に関する新たな仮説を提唱している。それによると、いわゆる「ジャイアント・インパクト説」には矛盾があるという。

 現在、有力とされる仮説では、45億年前に地球が「テイア」という火星サイズの天体と衝突したことで、その一部がえぐり取られ、月が形成されたと説明する。

 だが、地球に火星サイズの天体1個が衝突して月が形成されたのなら、月の成分の5分の1は地球に由来し、残る5分の4は衝突した天体に由来することになる。

 しかしながら、実際には地球と月の成分構成(例えば酸素同位体比)がほぼ同一であることから、ジャイアント・インパクト仮説には問題点も存在していた。

5_e8
 

回転する雲の環「シネスティア」の存在

 しかし新しい月起源モデルからは、地球が発達するごく初期段階に、気化した岩石で構成される「シネスティア(synestia)」という回転する雲の環が形成され、ここから月が出現したと示唆されている。

 スチュワート博士とロック氏の唱える新説では、テイアと地球の巨大衝突後、月が地球のシネスティアの中で形成されたと主張している。月と地球の組成が似ていることも、これによって説明できるという。

 「新説は、現在の仮説では解決が難しい月の特徴を説明する。月は化学的に地球とほぼ同じであるが、いくつか差異もある。本モデルは、そうした月の組成パターンに一致する初めてのもの」とスチュワート博士は声明を発表している。

nature-3182926_640_e

天体衝突によりシスティアが月となった

 新説によれば、惑星サイズの2つの天体が衝突したことで、岩石・ホットダスト・液体が高速で回転するシネスティアと溶けた核が形成された。シネスティアはやがて自らの重力によって崩壊し、月のような惑星になった。

 衝突の後、地球の10パーセントほどが蒸発し、残った液体の岩石の中に小さな月の原型が誕生した。やがて構造全体が収縮し、雲の中から月が出現。さらにシネスティア全体も凝集し、回転する液体岩石の球が残された。これが今日地球と呼ばれる天体となったとロック氏は説明する。

References:onlinelibrary / rt/ written by hiroching / edited by parumo

あわせて読みたい
月と地球の地質に共通点?月は衝突の結果生まれた地球の双子である可能性が裏付けられる(イスラエル研究)

地球が金星から月を盗んじゃった。という新しい理論が打ち立てられる(米研究)

月はどうやって生まれたの?月誕生の起源に迫る高画質映像「Birth of the Moon」

「ウォーター !」月の地下には想像以上の膨大な水があることが再調査で明らかに(米研究)

今も月面に残されている7つのもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る