まるで異世界。ドローン撮影した死海の写真は地球の奥深さを見せていた(イスラエル・ヨルダン)

c6a940f4-36976d2a3a510eed5c473743180d090a768f3e33

 イスラエルとヨルダンの国境にある死海。ヨルダン川の終着地点でもあるこの湖の水は、外海の10倍ほど、約30%になる塩分を含んでいる。

 死海沿岸の一部は観光化されている。補助器具なしに死海に浮かぶ人や、泥浴をする人の写真は、おそらく多くの人が目にしたことがあるだろう。

 しかし、そのような光景は、死海の持つ様々な姿のほんの一部でしかないのだ。このたび、死海のまた別な顔が、ドローンによって撮影された。

 地球上とは思えないほどの異世界を見ているようだ。
 撮影したのは、イスラエルの写真家、ツヴィカ・シュタイン氏だ。

地上では撮影が困難な死海の全貌

死海は私の気に入りの撮影地で、しょっちゅう撮影に出かけています。塩の構造体にも、すばらしい水面の反射にも魅了されまして

 と語るシュタイン氏だが、実は、一部の観光地を除き、死海付近はアクセスが容易ではない。徒歩で到達できる範囲の向こうには何があるのか、それを知りたいというシュタイン氏の熱意が、このような、鮮やかな写真という形で結実したのである。

 「近年では、この付近を歩き回るのは危険と考えられています。まあ、敢えて行う写真家もいますけどね」とシュタイン氏。観光地化やミネラル製品の工場などによって、死海の水位は急速に下がっており、残った水溜りの周囲では崩落の危険が増しているのだ。

 「私自身は、徒歩で撮影して回るのは安全な地域内のことにして、遠くの水溜りの撮影は、安全な場所からドローンを操縦して行っているのです」

異世界のような、抽象画のような世界

 ドローンによる撮影は、シュタイン氏に新しい視点をもたらした。

 「魅惑的な体験でした」とシュタイン氏は語る。「この付近の空中撮影は最近始めたのですが、乾燥した地域の上空で、驚異的な形状と色に出会いました。抽象的な絵画のようです」

dead_sea_3

 「しばらく見とれた後に、脳が見慣れた図形を探し始めました。最初に見つけたのは、ハート型と、目です」

まるで着色されたような土壌と水の色。でもこれはリアル

 だが、写真に収められた死海の光景がすばらしいのは、見慣れた形があるから、だけではもちろんない。

dead_sea_2

 土壌と水の色が最も驚きだった、とシュタイン氏はいう。「地面からでは気づきにくいのですが、強い日差しの中で上空から見ると、それぞれの色がとても生き生きと見えるのです」

 「赤や緑、黄、それらと並ぶ青を見るのは、私の目にとっても特別なできごとでした」

dead_sea_1

 シュタイン氏の一番のお気に入りの写真は、ハート型の水溜りの写ったものだそうだ。水の色が好みであることが一番の理由だが、一番多くの閲覧者を集めてくれたということも、理由のひとつに数えられるそうだ。

 シュタイン氏の撮影した写真は、フリッカーインスタグラムフェイスブックなどで閲覧可能だ。死海のみならず、世界各地の様々な光景や、動物たちの写真が並んでいる。
via: Lonely Planet / Mental Floss / Bored Panda など / translated by K.Y.K. / edited by parumo
あわせて読みたい
しおしおしい。ぱっきりキューブ状の塩の結晶がゴロゴロ落ちてる死海の浜辺

やっぱドローンってすごいや!ドローンだからこそ撮れた素晴らしい世界10の写真

ドローンだから撮ることができた絶妙な距離感。2015年、ベストショットドローン写真

VIVA!北極!!まるで異世界探訪。ドローンカメラで巡る北極諸島

ノルウェーの絶景、プルピット・ロックの断崖絶壁やシェラーグボルテンの奇跡の岩をドローン撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る