ドッペルゲンガーの正体について・・

98289628-ebe137b9760fa4f223c78f30eaf38148e36972af
1: ((( ;゚Д゚))) 2014/07/12(土)08:21:04 ID:aSO3FuZ51
なんなんだろな?
オレもいちど自分を見たんだが・・
生霊・パラレルワールド・・
他に何か説ある?

ドッペルゲンガー

ドッペルゲンガーは、逐語訳すると「二重の歩く者」となる。 ドイツ語: Doppel(ドッペル)とは、「写し、コピー」という意味である。
以上の意味から、自分の姿を第三者が違うところで見る、または、自分が異なった自分自身を見る現象、「生きている人間の霊的な生き写し」などを指すために用いられている。

・ドッペルゲンガーの特徴として、
・ドッペルゲンガーの人物は周囲の人間と会話をしない。
・本人に関係のある場所に出現する。
等があげられる。

同じ人物が同時に複数の場所に姿を現す現象、という意味の用語ではバイロケーションと重なるところがあるが、バイロケーションのほうは自分の意思でそれを行う能力、というニュアンスが強い。つまり「ドッペルゲンガー」のほうは本人の意思とは無関係におきている、というニュアンスを含んでいる。

「自分のドッペルゲンガーを見ると、しばらくして死ぬ」などと語られることもあり、恐れられていたものであり、現在でも恐れられることがある現象である。

近年では医学的な説明の試みもあり、それで一応説明可能なものもあるが、説明不能なものもある。

wiki-ドッペルゲンガー-より引用

ドッペルゲンガー|歴史と事例

アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーン、日本の芥川龍之介、帝政ロシアのエカテリーナ2世等の著名人が、自身のドッペルゲンガーを見たという記録も残されている。

19世紀のフランス人のエミリー・サジェはドッペルゲンガーの実例として有名で、同時に40人以上もの人々によってドッペルゲンガーが目撃されたといわれる。

また本人が本人に遭遇した例ではないが、古代の哲学者ピュタゴラスは、ある時の同じ日の同じ時刻にイタリア半島のメタポンティオンとクロトンの両所で大勢の人々に目撃されたという。

江戸時代の日本では、影の病い、影のわずらいと言われ、離魂病とされた。

wiki-ドッペルゲンガー-より引用
関連:ドッペルゲンガーの代名詞、エミリー・サジェ。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る