好きこそものの上手なれ。絵が好きで何年も描き続けた人の成果がわかるビフォア・アフター比較絵

76ac5fe8-695288642cce0130bcd39e45ce1cc490ec6df722

 好きだからこそ続けられることがある。

 「好きこそものの上手なれ」ということわざは、好きなものに対して人は熱心に努力するので、その上達が早いという意味でつかわれる。

 日々努力を続けていればそれは目に見える変化となる。才能とかセンスとか、そういうのを語るのはそこまで継続して長い道のりを歩んできてからだ。

 一流と呼ばれるプロと自分を比較するのも違うと思う。
 上達する速度だって人それぞれだ。
 自分と比較できるのは自分だけなのだ。
 
 かつての自分と今の自分。前向きに取り組んできた人ならその差は歴然だろう。

 海外サイトにて、絵を描き続けた人々の最初の作品と最近の作品の比較写真が公開されていた。彼らがここまでたどり着いたのは、日々のたゆまぬ努力があったからこそだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る