古代生物「ハルキゲニア」の頭部が特定され、新たなる再現図が作成される。

19594e8b-6329a81f854af7aac85aba55e27b3eba81e1c34c

 約5億年前、古生代カンブリア紀に生息していた生き物と言えば、我らがアノマロカリスが有名だが、時を同じくして生息していたのがハルキゲニアである。

 その姿もトゲトゲしくてちょっとかっこよくて、アノマロカリスよりもハルキゲニア派のお友達も多いと聞く。そんなハルキゲニアだが、前後が判然としないという解剖学的に奇妙な構造から科学者たちを困惑させてきた。

 ところがケンブリッジ大学の最新の研究により、単純な1対の目と針のような歯が発見され、ようやくどちらが前なのか判明し、長年の論争に決着がつくことになった。
 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る