『ホビットの冒険 の作家、J・R・R・トールキンはサンタクロースになりすまし、23年間我が子たちに手紙を描き続けていた

d882c058-4fe596779347ee5799b64e7ccfc53ef466b29163

 そのサンタはパパ。しかもあのトールキンなのである。

 『ホビットの冒険』や『指輪物語』の著者として知られているイギリスの作家、J・R・R・トールキンは、16歳の時に3歳年上の女性、エディスと出会い恋に落ちた。神父から21歳になるまで彼女と会うことも手紙をやり取りすることも禁じられたが、その想いを貫き、21歳の誕生日を迎えた日、彼女に手紙を書き結婚を申し込む。

 すでに婚約していたエディスだったが、それを破棄し彼女はトールキンと結婚する道を選んだ。その後2人は4人の子どもをもうけた。

 ジョン、マイケル、クリストファー、プリシラの4人である。

 1920年12月20日、トールキンは、書斎にこもり手紙を書いていた。前日、3歳になった長男のジョンが、トールキンにサンタクロースについてたずねてきたのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る