人の気分を変える”マインドコントロール”AIチップの脳移植実験が開始される(米国防高等研究計画局)

bcf732b0-b23382f779f15e6e1ca931e137dcbbdfb9f402a2

 米国防高等研究計画局(DARPA)はAIを脳に移植して人の気分を制御する実験を開始した。

 この”マインドコントロール”AIチップは、電気パルスを放ち、「脳深部刺激」と呼ばれる方法で脳の化学的性質を改変するものだ。完成すれば、精神疾患の治療やセラピーにも用いられる。

極小のワイヤーを脳に移植、電気で刺激し気分を変える

 脳深部刺激を行うためには、まず先端に電極が設けられた極小のワイヤーが脳に移植される。ワイヤーは耳の裏から皮膚の下を通り首まで伸びたエクステンションに接続。

 電極によって高周波数のショックを標的の脳領域に与えると、脳内の電気信号の一部が変化し、振る舞いや運動が変化するという仕組みだ。
 
 これまで脳深部刺激はパーキンソン病などの運動障害の治療に用いられてきたが、気分障害の治療には用いられていなかった。

iStock-643380672_e

気分障害を検出するAIアルゴリズム搭載チップを開発

 AIチップを開発するのは、米国防高等研究計画局(DARPA)である。カリフォルニア大学とマサチューセッツ総合病院の研究者が協力しており、気分障害に関連する活動パターンを検出できるAIアルゴリズム搭載チップが設計された。

 パターンが検出されると、患者の脳にショックを与え、健全な状態に戻す。

 カリフォルニア大学の神経科学者エドワード・チャン氏は、今回の技術が素晴らしい点は、史上初めて脳に窓を作り、発作が起きた時の脳の状態を把握できるようになったことだという。

既に行われている人体実験

 チップは、てんかん発作を測定するためにあらかじめ電極が移植されていた6人の患者で実験された。この電極を通じて、患者の脳の状態を常時把握することができる。

 従来のインプラントでもモニタリング自体は可能だったが、今回の新しいアプローチでは必要に応じてショックを与えることも可能になっている。

 モニタリングは1〜3週間行われ、患者の気分を”解読”するアルゴリズムが作成された。

 マサチューセッツ総合病院のチームの発見によれば、意思決定や感情を司る領域にショックを与えると、数の画像合わせや顔から表情を読み取るといった一連の課題に取り組んだ患者の成績が特に向上したという。

 なかなか集中できなかったり、共感できなかったりといった症状は、気分障害に特徴的な症状だ。

iStock-664732532_e

「感情が読み取られる」チップが倫理的な懸念を引き起こす可能性

 研究チームに被験者の感情を読み取ろうという意図はないが、チップが倫理的な懸念を引き起こすことも確かだ。

 「感情を読み取ることも可能になるでしょう」とマサチューセッツ総合病院のエンジニアディレクターであるアリク・ウィッジ博士は説明する。同博士のチームは、研究の倫理的側面について考察を進めている。

via:hollaforums / cetusnews/ translated by hiroching / edited by parumo

 既に監視社会なのに、今度は感情までをも監視されるとかいう脳内監視技術。なんかどこかで聞いたことあると思ったら、宇宙人に連れ去られた人が良く言ってる人体実験みたい感じじゃないか。

 怒りの感情が抑えきれずに犯罪に及ぶ人には効果的かもしれないが、悪用されたらやだな。喜びの感情すら抑えられちゃう可能性だってなきにしもあらずなんでしょ。極上の黒毛和牛食べた時にあの幸せが感じられないのとかやだな。てか食べ物のことしか頭に浮かばない私はやっぱなんらかの施術をされるべきなのだろうか?

あわせて読みたい
記憶を消去し、病気と闘ってくれる脳チップ。15年後、超人類誕生の予感。

2029年までに脳は機械と融合し、これまでの人間を超える魅力・強さ・知性を備えた「超人」が登場する(グーグルの専門家)

米軍の「最強兵士」プロジェクト。兵士の脳に埋め込むインプラント式インターフェースの開発

映画「マトリックス」世界がついに実現?脳に直接磁気刺激を与え仮想空間に入り込むことに成功(米研究)

2050年、技術進歩により人間の「脳」で何ができるようになるのか?脳科学に関する7つの予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る