密猟者に銃で撃たれた象、それでも人間に助けを求めにやってきた(ジンバブエ)

c15b327d-8512020af2f845f16b3c8bf2b29ff8645cb20802

 その象は、自分がかなり危険な状態にあることをわかっていた。

 何者かに銃撃され、傷を負ったまま数週間も歩き回っている象の情報がジンバブエの野生動物保護団体アニマル・アンド・ワイルドライフ・エリア・リサーチ・アンド・リハビリテーション・トラスト(AWARE)に寄せられた。直ちに獣医が派遣され、マナ・プールズ国立公園に到着すると、プリティ・ボーイと名付けたその象は自ら歩み寄り助けを求めてきたのだそうだ。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る