今日(6月20日)の満月は夏至直前。人々に狂気や幻覚を呼び起こすと占星術師が警告

aa5234f6-1701caa8e7c506bf707c8148526cc24968efc775

 本日2016年6月20日(月)、20時2分に天秤座で満月を迎える。ちなみに明日は夏至である。ところが、アメリカ、ペンシルベニア州を拠点に活動している占星術師、ティモシー・ハローラン氏によれば、今日の満月は狂気が蔓延し、社会の崩壊の引き金となるなど、何かが起きるというのだ。

 狂気(lunatic)という言葉はラテン語の月(luna)を語源としている。当時の人間が月によって病気や奇行が引き起こされると信じていた証左だ。この迷信は現代でも根強く残っている。そして今晩、夏至直前に満ちる満月に不穏な気配を感じているのが、ティモシー・ハローラン氏だ。

4_e21

 夏の始まりである夏至は一年でもっとも昼間の時間が長い日だ。この日、地球の北半球か南半球のどちらかは半軸の傾きが太陽に向かってもっとも傾いている。

 満月は月が太陽の反対側にあるときに現れる。つまり月と太陽が地球を挟むように並んでいる。

 夏至は毎年同じ日に起きる一方、満月は平均29日に一度だ。統計的には、この2つが同時に起きるのはおよそ20年に一度である。歴史的な証拠からは、両現象が同時に起きたからといって、おそらくは問題ない。前世紀は1921年、1959年、1978年、1997年にこの現象が起きているが、世界は滅亡することなく今に続いている。

満月+夏至+海王星が逆行で混沌が訪れる

 しかし、つい先日ティモシー・ハローラン氏がユーチューブのチャンネル「Rasa Lila Healing」に緊急投稿した40分の動画では、そこから先がある。最大の違いは、今回の場合は海王星が逆行(東から西に向かって移動)に転じていることだ。彼によれば、これが”変化”と “終焉”の前兆で、世界は混沌に飲み込まれるのだという。


Astrology Forecast – Full Moon in Sagittarius, June 20 2016 – Psychic Warfare, Cover-Ups & Crusading

 ハローラン氏の主張によれば、2016年は”調整、浄化、改正の年”である。動画の中で、今回の惑星の並びがアメリカ大統領選といった重要な出来事に与える影響について説明している。
 
 「これこそが、射手座の満月によって引き起こされることだ。ベールが剥ぎ取られ、幻想が起こり、心はかき乱される」と話すハローラン氏はさらにこう続ける。「決定的なときである。エネルギーの点で見れば、今人類は終焉へ向かい、タガが外れる。人々は狂乱し、完全なる狂気へと追い落とされるしかない」と。
5_e18

科学者は月と人間社会はリンクしないと主張

 非常に不安になる警告であるが、カリフォルニア大学の天文学者ジャン=リュック・マーゴット博士を信じるならば、心配は無用かもしれない。同博士は昨年、知的レベルの高い人や合理的な考えの持ち主が非現実的な迷信を信じるようになる仕組みを研究した人物だ。

 「交通事故、入院、手術の結果、ガンの生存率、生理、出生、出生時の合併症、鬱、暴力行為、犯罪の数の調査からは、人間社会の出来事が月の影響を受けていないことが証明された」とマーゴット博士は論じる。

 また40年前のUCLAでの研究も、よくいわれるような月の満ち欠けと出生の時期は、実際には何ら関係がないことを明らかにしている。

2_e22

 一方で、2004年の看護専門誌に掲載された論文は、スペイン、バルセロナの某病院では満月の晩、入院患者が増えたとしている。だが、これについてマーゴット博士はデータ収集と分析方法にいくつかの問題があることを指摘する。これを踏まえて再度分析すると、月と入院患者数には関係がないことが明らかになったそうだ。

 「月に罪はありませんよ」とマーゴット博士。結局、人には”確証バイアス”という、自分の都合のいいようにデータを解釈し、それと矛盾するものは無視する傾向があるのだ。

 満月でもないのにやたらと患者が入院してくる日については、迷信とはそぐわないために無視されて、すぐ忘れられてしまう。これが人が満月にまつわる迷信がいつまでも消えない科学的な説明である。

via:Full moon before summer solstice could trigger ‘total insanity and hallucinations’, claims astrologer in bizarre rant/ translated hiroching / edited by parumo

 ということで本日20:00前後、何かが起きるかもしれないし、何も起きないかもしれない。しかしそれは満月のせいという人もいれば、満月のせいじゃないという人もいる。

 既に起きてしまった事象を何かのせいにすることで、自分が生きやすくなるのならそれもいいだろう。だが起きてしまったことは現実であり取り消しはできない。何のせいにしようと逃げることはできないので、それならもう、ただ淡々と受け入れていった方が楽じゃない?

▼あわせて読みたい
月の神話は本当なのか?満月が人に与える影響を科学的に検証する

満月の呪いは本当だった。満月の時に起きる月の異常を解明(米研究)

人は満月になると眠れなくなる?(スイス研究)

あまり知られていない月に関する10の秘密

地球の引力が月の表面に無数のひび割れを作っていることが判明(米研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る