第二の地球ついに発見か!?11光年離れた居住可能な地球に似た惑星を発見(NASA発表)

80896a92-9239391bc5e39e89342723d4ea3a22193a17a2c7

 NASAが2009年3月に打ち上げたケプラー探査機の宇宙望遠鏡がこれまで発見した惑星候補の中から、新たに1,284個もの太陽系外惑星を確認した。そのうち約550個が地球型の岩石惑星で、9個は宇宙の中で生命が誕生するのに適した環境、ハビタブルゾーンにあるという。

 またその距離も11光年と宇宙的には近い距離にあることから、異星人がいる可能性も否定できない。これはちょっとワクワク案件だ。
 

 今回の発表によって、発見された太陽系外惑星の数は一気に2倍に増えたことになる。

 この発見が可能になったのは、コンピューターを用いた自動確認が採用されたことが大きい。太陽系外惑星を探すには、惑星が恒星の前を横切る際にその光が遮られる現象を見つけなけばならない。そして、これまでは惑星候補を1つ1つコツコツと調査し、惑星の有無を確かめるしかなかった。ところが今回は、惑星候補に確率を割り当てるという統計的な解析手法を用いて、数多くの惑星候補を一度に調べることが可能となっている。

 以下の画像は過去20年間で見つかった太陽系外惑星の数。青はケプラー宇宙望遠鏡以外による発見。水色はケプラー宇宙望遠鏡による発見。オレンジは今回発見された数を示す。

1_e7

 新たに考案された手法でケプラー宇宙望遠鏡がこれまで発見した惑星の候補4,302個を解析すると、うち1,284個が惑星と認定され(惑星である可能性が99%を上回る)、さらに1,327個が惑星である可能性が高いという結果が得られた。残りの707個は惑星以外の天文現象である可能性が高いようだ。なお従来から確認済みだった984個でテストすることで、その精度も実証されている。

2_e5
前を通過する天体が小さな恒星などである場合もあるため、惑星候補を惑星と確定するには詳しく検証する必要がある。

 また550個が地球のような岩石の惑星である可能性が判明した。そのうち9個はハビタブルゾーンに位置しており、表面温度は水が液体で存在できる範囲に保たれている可能性があるという。これによって、現在知られるハビタブル(居住可能)太陽系外惑星は一気に21個に増えたことになる。

4_e5
ケプラー宇宙望遠鏡が発見したハビタブルゾーンに属する惑星。これまで地球の大きさの2倍未満の惑星は21個発見されている。オレンジの円で示されるのは、今回新たに確認された9個の惑星。青い円はそれ以前に発見された惑星。

 ケプラー宇宙望遠鏡が打ち上げられる以前は、宇宙に太陽系外惑星がどれほど存在するのか不明であった。しかし、どうやら惑星は恒星よりも多く存在するかもしれないことが明らかになりつつある。

 今回の調査に携わったナタリー・バターリャ氏によれば、天の川銀河にはハビタブゾーンに位置する地球大の惑星は計算上数百億個も存在する可能性があり、最も近いものは地球から11光年先とごく近くあるという。

6_e3
2016年5月の時点で既知の太陽系外惑星数を大きさ別にまとめ、太陽系内惑星と比較したもの。青はこれまで以前に確認されたもの。オレンジは今回検証された1,284個の惑星。

 これまで発見された5,000個近くの惑星候補のうち、惑星と確認されたのは3,200個以上である。そして、その2,325個までがケプラー宇宙望遠鏡によって発見されたものだ。
8_e2
縦軸は惑星の半径(単位:地球)。横軸は星の明るさ。青は地上で検出したもの、オレンジはケプラー宇宙望遠鏡が検出したもの。

 同望遠鏡はハビタブルな地球大の惑星を探索するため、2009年3月にNASAによって打ち上げられた。以降4年間で空の一角にある15万個の星々を観測し、惑星が横切る際の光の陰りを追い求めてきた。

10_e2
ケプラー宇宙望遠鏡が発見した4,302個の候補を統計的手法で解析した結果。オレンジは惑星と確認されたもの、ダークグレーは惑星である可能性が高いもの、グレーは惑星でない可能性が高いもの、青は以前から惑星であることが確認されているもの。

 しかし、先月には通信が途絶えるというトラブルに見舞われている。これは望遠鏡を天の川の中心に向けようとした際に判明した。一応ことなきを得たとはいえ、2012年には望遠鏡の向きを変えるリアクションホイールの1つが故障しており、さらに翌年にはもう1つも動かなくなっていまった。

 今回のトラブルはリアクションホイールが原因ではないと推測されているが、いずれにせよケプラー宇宙望遠鏡は地球から1億2,000万kmと、光速でも往復するのに13分かかる距離にあるため、完全に修理することは難しい。現在は黄道に向けて望遠鏡を安定させる特殊な観測方法を採用して、観測を続けている。


ケプラーが発見した惑星をアニメーション化した映像:Animation shows all the planets Kepler has discovered so far _ Akademi Portal

 さらにケプラー宇宙望遠鏡の調査で、海王星の外側を周回する小惑星「2007 OR10」が、冥王星、エリスに次いで3番目に大きいことが判明した。その大きさは直径1535kmと、冥王星の2374km、エリスの2326kmに次ぐサイズだ。

0_e6

 この大きさは準惑星とされる要件である「自分自身の質量によって静水圧平衡形状になっている」値であることから、「2007 OR10」は準惑星の候補天体となった。2007 OR10は未だに名前がついていないのだが早急に名前を決定する必要があるだろう。

 ちなみに発見者のマイケル・ブラウンは「白雪姫」(Snow White) というあだ名をつけたのだが、それは氷の天体であると思っていたためで、実際にはメタンの氷や一酸化炭素、窒素などで覆われていると予想され、赤みを帯びていることから、その名前は却下されそうだ。

11_e4
2007 OR10予想図

 なお、NASAは2017年にケプラー宇宙望遠鏡の後継機となるトランジット系外惑星探索衛星を打ち上げを計画している。

via:nasanasadailymailgizmag

▼あわせて読みたい
スーパーアースが新たに3個発見される。宇宙的な意味では地球のわりと近くで

宇宙生物学が解き明かす究極の星。生命体に満ち溢れる「スーパー・ハビタブル・ワールド」の条件とは?

なにこれ何かが起こりそう!これまでで地球から最も近い位置に、生命居住可能な惑星「ウルフ1061c」が発見される

ここなら住める?ケプラー宇宙望遠鏡が探し出した10の地球に似た惑星

地球外生命体が存在している可能性が高い、5つのハビタブル惑星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る