一つの苗で2つのお野菜が収穫できる一挙両得シリーズ、今度はナスとじゃがいもで「エッグ・アンド・チップス」が登場

4757a165-61869bcab2130bd72ecdb5c00bcb7d1725f818c3

 前回1つの苗木にトマトとじゃがいもがなる「トムテト」を紹介したが、今回はナスとじゃがいもだ。ナスは英語でエッグプラント、じゃがいもと言えばポテトチップス、なので名前は「エッグ&チップス」だ。

 ふたつの異なる種類の野菜がひとつの茎から収穫できるとか、一挙両得にもほどがあるこのお野菜、園芸家が数年かけて、ナス20種類以上を使い試行錯誤を繰り返した結果、やっと完成したんだそうだ。

 ナスとジャガイモの茎をそれぞれ5センチほど切り取り、端と端をぴったり合わせて接ぎ木する。上のナスと下のジャガイモが自然にくっついて、そのまま成長していく。その結果、通常通り4つの大きなナスが茎につき、土の中の根の部分には2キロのジャガイモができた。

2_e

 このような新たな一石二鳥栽培は、スペースの節約になるし、広い畑がなくても、狭い庭やマンションのバルコニーなどの限られたスペースでも一度に野菜を育てることができる。

 こんなおもしろい植物があれば、子供たちも喜ぶだろうし、将来園芸に興味を持ってくれるかもしれない。開発者は、企業秘密ということで、接ぎ木に使ったナスやジャガイモの種類は明らかにしていないものの、既に販売が開始されている。

3_e

 こんなことが可能なのは、ジャガイモとナスが同じ系統の植物だからということもあるかもしれないが、より頑丈なジャガイモが、繊細なナスを支える形になっているという。

 日当たりがよく、風雨から守られた場所で栽培するのが理想的で、狭いバルコニーや中庭の鉢植えでも育てられる。開発者は、これは革新的な試みで、熟練した野菜栽培者にとっても新たな開発だと語る。

4_e

 ナスは調理の前に塩もみ・水洗いして乾かし、えぐみを抜かなくてはならないという面倒な下ごしらえが必要なため、イギリスでは多くの人がナスの栽培を敬遠している。だが、なんとこの新しいナスにはえぐみがないのだ。

5_e

 このエッグ・アンド・チップスは、イギリス、サフォークにある種子会社トンプソン&モーガンが取り扱っていて、9センチ鉢14.99ポンド(2415円)で通信販売されている。

 今注文すれば、4月からの栽培にちょうとタイミングがいいそうだ。収穫は7月末で、ジャガイモを掘り出すのはその2週間後くらいがお勧めだという。

 通販サイトを見たところ、エッグ・アンド・チップスの発送は英国のみとなっているので、日本からは購入できないのが残念だが、もしかして日本に似たような苗とかあるのだろうか?一挙両得とか縁起物なので育ててみたいなー。

via:dailymail・translated konohazuku / edited by parumo

▼あわせて読みたい
おいしいトマトとジャガイモが両方なるハイブリッド苗木。「トムテト(TomTato)」

ブラックなのに体に良い。日本でも育てられる黒いトマト「インディゴ・ローズ」

なんと!1本の木に50種類のリンゴを実らすことに成功(イギリス)

これが白夜パワーか!アラスカで競うように育てられる超巨大野菜の数々

最強の野菜は何?栄養素密度ランキングで1位に輝いたのは「クレソン」(米研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る