暗闇に閉じ込められて数か月後、やっと太陽に出会えたチンパンジーの赤ちゃんのうれしそうな表情(コンゴ共和国)

aaf7a510-6bf85004bd463f27ce14aefff870ca107733106a

 チンパンジーのジュワちゃんがまだ生まれたばかりの小さな赤ちゃんだったとき、彼の未来は闇に包まれた。コンゴ民主共和国で暮らしていたこの子は、兵士に母親を殺され、森から連れ去られてしまったのだ。

 悲しいことに、こうしたことは珍しくない。チンパンジーの赤ちゃんは親を殺された上で捕獲され、売り飛ばされる。こうして個人の”動物園”行きになる子もいれば、実験動物として過酷な実験を繰り返される子もいる。

 悲劇の野生動物たちをこれ以上増やすわけにはいかない。ジュワちゃんの場合はすぐに手を差し伸べる必要があった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る