一瞬にして、辺りは焼け野原に。「ツングースカ大爆発」とは?

d4a52d97-1de242c0c17339f356a8770f4d486208e07c5e32

「ツングースカ大爆発」とは、1908年6月30日にロシアのシベリアを流れる、ポドカメンナヤ・ツングースカ川の上流付近で起きた、謎の大爆発事件のことである。この爆発によって強烈な衝撃波が発生したため、爆発地点から半径約30~50kmの森林が炎上し、約2,150平方kmの樹木がなぎ倒されていた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る