戦争の爪痕。ノルマンディーに残された無数の穴(フランス)

a280529a-55cfb409273d89e11d35952264ed1b1dfc605ca8



 フランス北西部コタンタン半島に広がるノルマンディー海岸は、第二次大戦中ドイツが占領したフランス領の奪回の為、連合軍が決行したノルマンディー上陸作戦の舞台として名高い戦地跡だ。
 
 1944年の6月から7月半ばにかけ、ドイツの強固な防衛線が築かれていたこの海岸線への上陸を目指し、連合軍が行った史上最大規模の侵攻作戦は、別の地点で迎え撃つ計画を立てていたドイツ軍の裏をつく形で成し遂げられた。その結果、新たな戦線を開いた連合軍がドイツの戦力を大きく削ぎ落とす展開となった作戦は、第二次世界大戦の転機の一つとしても語り継がれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る