江戸時代の浮世絵師「歌川国芳」が描いた「巨大骸骨」の刺繍が施されたバッグや定期入れが通販で買える!

5076ac97-a2f2f8dbd866977bd031081519ba1398ae2371e1

 埋葬もされずこの世に恨みを残したままの死者達の遺骨や怨念は、一か所に集まって巨大な骸骨の姿になる。これが日本の妖怪「がしゃどくろ」で、生きている人を見つけると襲いかるという。

 江戸時代末期の浮世絵師、歌川国芳の有名な作品『相馬の古内裏』には、「がしゃどくろ」のモチーフになったと言われている巨大な骸骨が描かれている。

 迫力のあるこの骸骨の姿は今でも人々をぞっとさせるが、それと同時に魅力的でもある。この、国芳の巨大骸骨の絵を刺繍で施したバッグや小物などがネットで販売中なのだそうだ。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る