土星探査機カッシーニからの贈り物は宇宙の音。土星とその衛星エンケラドスとの間に流れるプラズマ波をオーディオ化

0f782059-c72b0814b7d15f5cab8a0401e37097e06adab179

 土星探査機カッシーニは、20年に及ぶ長い役目を終え、2017年9月15日、土星の大気に突入し燃え尽きていった(関連記事)。

 そのグランドフィナーレで、NASAは最後の記録を行なった。

 カッシーニが集めた豊富な情報のおかげで、NASAの科学者は土星とその衛星エンケラドスとの間でプラズマが作用する様子を捉えることに成功。それは双方の間の磁力線に沿って、まさに電気回路のようにプラズマの波が移動する様子だ。

 このプラズマのデータをオーディオファイルに変換したところ、実に奇妙な「ビュウビュウ」と鳴る音が完成した。 

 土星とエンケラドスの間に流れる宇宙の音を聞いてみよう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る