氷河期の到来か? 太陽の黒点が消え始める時、地球の寒冷化が進む

4a5876a6-67bc85c3dfa9423d3708bc48cac1f1610a6debc3

 太陽はおよそ11年の周期で極大期と極小期を繰り返している。前回、極小期がしばらく続き小氷河期が到来した時期は、「マウンダー極小期」と呼ばれており、70年間続いた。

 太陽極大期には、太陽がより多くの熱を放ち、黒点が増える。一方、太陽極小期になると、磁気波が減少するために熱の放出量が低下する。
 
 現在は太陽極大期にあるが、2021年頃には太陽極小期へと移り変わり、太陽から届く熱が下がり始めると予測されている。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題のニュース

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る